PICNIC調査中 LANで制御するハードウェア

何気なくCQ出版社のページをチェックしていたら、インタフェース7月号が発売されていました。月末ですもんね。すっかり忘れていました。今回の特集は、「Linux Kernel 2.6を組み込み機器で使う」でした。目次を見ると今回のバージョンは、uClinuxも取り込んでいるんですね。今まで知りませんでした。。。機会を作っていじってみたいところです。
その後、新刊本をチェックするとLANで制御するハードウェアという本が売られているじゃないですか!この本は、トラ技に特集されていた記事を再度まとめた内容のようですが、今の私にとってのどから手が出るほど必要な情報をまとめた本なのでこの本も買いました。ちなみに本屋4軒はしごしてやっと買えました。
また、6月10日には、組み込みソフトウェア開発スタートアップが発売されるようです。中身をチェックしておきたいところです。

帰りの電車の中LANで制御するハードウェアを読みながらヒントをつかもうとしたのですがケアレスミスしたところはなさそうです。
夕食後、原因がわからないのでPICNICの調査をすることにしました。

取り込んだ波形は以下。

この前にResetがかかり、CMD(0x0)に0x21をライトすることから初期化が始まっているのがわかります。またIOCHRDYがまったく反応してません。
今日の調査で、PICNICの挙動はつかめたので明日はこれを参考にし、きっかけをつかみたいです。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL