GBA+XPort+PICNIC 原因がわかりました!!

今日も通勤時間、LANで制御するハードウェアを読み、問題点の原因を探っていましたが、まったく思いつきませんでした。でもこの本、大変刺激を受けます。Ethernetを使って何か電子工作をしたいと思う人にお勧めできる1冊です。
帰宅してから、RTL8019-EEPROMの信号確認してみました。RTL8019は、ジャンパレスモードのときリセット解除後EEPROMにアクセスする仕様になっているのですが今回はその動作確認です。DigiViewでモニタリングした波形は以下のとおり。

また1発目を拡大した波形は以下のとおり。

リセット〜EEPROMのアクセスまでの関係をつかんでから、改めてGBA+Xport+PICNICの組み合わせでEEPROMをモニタリングしてみましたがリセットを解除してもまったくRTL8019は、EEPROMにアクセスしません。
何も思い浮かばず、回路図をぼーっと見ているとなんとX2があきピンになっているじゃないですか!20MHzクリスタルを使用しているのは知っていたのですが、PICの内部PLLでクロックをロックし、RTL8019にも20MHzを入力している仕組みであるとは気づきませんでした。そうです、GBA+Xport+PICNICの組み合わせの場合、20MHzクロックは使用していませんので当然空きピンにしています。それからジャンパでXT2を接続し、0x0A, 0x0BをリードしたらRTL8019ASのIDコードである0x50, 0x70を確認できました。

これでGBAからRTL8019ASを制御できる準備が整いました。それにしてもこんなことが原因だとは、、、長かった。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL