AVRprog 、timer割り込み

USB-SerialケーブルのポートをCOM9からCOM1に変更したらSTK500のファームウェアの復旧に成功した。AVRprogは、COM9を見にいかないのが原因か。覚えておこう。

forループディレイでLEDを点滅するプログラムを作成して動作確認した。
これで、
ターゲットプラットフォーム:STK500
ターゲットデバイス:ATtiny13,ATmega168など
IDE:AVRStudio
Cコンパイラ:WinAVR
の構成で開発準備が整った!

このページを参考にforループディレイをタイマ割り込みに変更した。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL