Atmega168 + RTC8564

土曜日午後を使ってAtmega168 + RTC8564のプログラミングをする。AVRマイコンリファレンスブックとデータシートを参考にしながらI2C(TWI)通信してみる。今回は、レジスタの使い方がいつもより複雑なのか思ったように動かない。

日曜日午後続きをする。ロジアナを使い波形をみるが正常動作していて、RTC8564も思った値が出力されている。プログラムのソースを精査していると理由がわかった!

TWIのリード関数は、引数としてリード結果をポインタ引渡しにしているのだが、TWDRを読み取るとき、アスタリスクなしのポインタでデータを読み取っているのだ。これでは、動かないはずだ。。。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL