Interface 2009/05 LPC2388基板 gcc開発環境構築 (1)

LPC2388基板のgccの開発環境がようやく整いました。

基本的には、ZUSさんのページ通りにやりましたが、躓いたところがありました。

3.5 6)でBuild Allをしてみると"make: *** [version] Error 2"というエラーがでてしまいビルドができませんでした。ためしにコマンドプロンプトからmake allをしてみるとやはり以下のエラーが発生します。
=============
C:¥user¥workspace¥sample>make all
process_begin: CreateProcess((null), arm-none-eabi-gcc --version, ...) failed.
make (e=2): 指定されたファイルが見つかりません。
c:¥utils¥bin¥make: *** [version] Error 2
=============


googleで検索しても決め手となるものはありませんでしたが、makeのバージョンになにか関係がありそうです。エラーのログでもversionと書いてありますし。
ちなみに使っていたmakeのバージョンは、3.78.1でした。
Yagartoからutilityツールをダウンロード、インストール、PATHの設定、ビルドをするとエラーもなくmain.elfが生成されました。デバッガも無事に動いてます。ちなみにmakeのバージョンは、3.81です。

解説ページを公開していただいたZUSさんに深く感謝いたします。
コメント

はじめまして、zusと申します。

HPの紹介ならびに情報ありがとうございます。

makeの件ですが再度確認を行ったところ私のところでも同様のエラーが出ました。

これはmakeがオプティマイズ様の所にあったものを使用すると起こる現象で
gccに付属されているmakeを使用するとこの問題は発生しませんでした。
(gccはcs-makeという名前)

このためHPはgccのmakeを使用するように変更したいと思います。

  • zus
  • 2009/04/13 11:08

zusさま、はじめまして。

ブログを見ていただきありがとうございます。
現象の確認および別の解決方法を教えていただきありがとうございます。
cs-makeでビルドしたところ私の環境でもこの問題は発生しませんでした。

CodeSourceryにツールにmakeがあるとは知りませんでした。

今日は!
ARM LPC2388の開発環境に従い、Debugしています。
Debugが終了しますと、releaseバージョンをロムにflashしますが、releaseバージョンを作成するためには、コンパイルとリンクにおきまして、その設定をすれば良いのでしょうか?
releaseバージョンに関しまして、コメント頂けますと大変助かります。
以上

  • Bakabon
  • 2011/05/29 13:12
トラックバック
この記事のトラックバックURL