FreeRTOS on LPC2388基板

LPC2388基板でFreeRTOSが動きました。
なおFreeRTOSは、後閑さんの電子工作室をきっかけにLPC2368に移植済みでありuIPにも対応したデモプログラムが公開されていることを知りました。

以下作業手順です。

1)FreeRTOS5.2.0をダウンロード&解凍
2)FreeRTOSV5.2.0¥FreeRTOSV5.2.0¥Demo¥ARM7_LPC2368_Eclipse¥RTOSDemoをworkspaceに指定して開く
3)ビルドするとリンクエラー発生。
ここによるとyagartoのgccを使うと問題が解決すると知る。
4)YagartoからGCC環境をダウンロード、インストール。
ちなみにgccのバージョンは、4.3.2から4.3.3になりました。
5)リビルドするとundefined errorが発生する。
Yagartoのnewlibライブラリに関するNOTEによると以下の関数が実装されていないことを知る。
_sbrk_r, _fstat_r, _isatty_r, _close_r, _lseek_r, _write_r, _read_r
暫定対策としてyagartoのサイトからsyscall.cをダウンロードしプロジェクトに組み込む。
4)リビルドするとelfファイルが生成できた!
5)CPUクロックの変更、uartドライバの組み込み、Makefile,
リンクスクリプトファイルを修正。
6)後閑さんの解説ページを参考にテストプログラムを作成。
(LCD,ethernet機能を削り、3つのタスクを生成し、それぞれ一定の間隔にてuartにメッセージを出力するプログラム。)
7)リビルド&書き込み&テスト
8)正しく動作しました!

Interface (インターフェース) 2009年 07月号 [雑誌]
Interface (インターフェース) 2009年 07月号 [雑誌]
CQ出版

Interface (インターフェース) 2009年 06月号 [雑誌]
Interface (インターフェース) 2009年 06月号 [雑誌]
CQ出版

Interface (インターフェース) 2009年 05月号 [雑誌]
Interface (インターフェース) 2009年 05月号 [雑誌]
CQ出版





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL