両面基板 by mini-CNC HAKU

mini-CNC HAKUを使って両面基板の作成に再チャレンジします。

スルーホール基板を作る方法を検索したところハトメを使って製作するのが王道だということを知りました。(スルーホールピンの手法もあります。)さらに検索をすすめるとプリント基板向けのハトメを作っているメーカは、海外メーカとマックエイトだということがわかりました。海外メーカのMega Electronics社製品の単価は安いのですが、郵送料が高いため価格メリットがでません。
製品単価は高いのですが、マックエイト社製品は、システムギアさんからオンラインでかつ個人購入もできます。また図面も公開されているので安心して使えます。専用工具も一緒に買おうか迷いましたが、諸先輩方々の方法をまねれば専用工具は必要ないようです。

ちなみに今回は、ピンヘッダにも対応できるようにするため、内径0.85mmサイズのHT-1-2を注文しました。

いまからはじめるNC工作―JW_CADとNCVCでかんたん切削
いまからはじめるNC工作―JW_CADとNCVCでかんたん切削
眞柄 賢一
コメント

いま研さん、こんにちは。

このページに憧れて私もMini-CNC HAKUの世界に飛び込みました。私もPCBを削って基板を作成することを目標にしております。

私はEagle+ulpを使って切削パターンの輪郭データ+ドリルデータ、NCVCを使ってガーバーデータに変換、TurboCNCでHAKUをコントロールしてエンドミルでパターン切削、ドリルを使って穴あけし基板作成を考えています。
もし差し支えなければどのようなソフトウエアと段取りで基板作成に成功されたのか、両面基板の位置あわせに成功されたのかお教えいただけないでしょうか。
なかなか一発で基板切削までたどり着けず苦戦しています。

  • 2010/02/23 21:34

サさん、コメントありがとうございます。

おー、貴重な同士ですね。今後ともよろしくお願いします。
 mini-CNCのマニュアルにあるよくある質問の”Q23 基板の作り方の例を教えてください。”を参考に基板作成をしました。
 ソフトウェアは、eagle + NCVC + Machの組み合わせです。
 両面基板は、レゴのブロックで作ったガイドラインを使い原点位置を確保するようにしています。写真を撮りましたので参考ください。http://www.emaken.com/jpg/block.jpg
多少ずれが生じるので、もう少し精度を上げられる方法を模索中です。

作品が出来上がりましたら、また教えてください。
ではでは。

  • kimai0827
  • 2010/02/24 23:28

アドバイスをありがとうございます。
心強い先輩の経験と言葉が嬉しいです。


OM社のマニュアルページのFAQにはQ23はありませんでした。たぶん切削ノウハウのページが昔はあったのですね。
たしかに原点復帰の機能+片隅をレゴブロックで固定するというのは凄いアイデアだと思います。
私はやっと面出し切削を終えたところですが、Y軸方向にスピンドルが微妙に傾いているらしく(Y+方向が微妙に高い?)縞々な面出しとなりました。

また色々ノウハウがありましたら公開していただけると助かります。
作品が出来ましたらお知らせします。

  • 2010/02/26 07:17

サさん、こんにちは。

先ほどOM社のmini-CNCのオンラインマニュアルを見たら、Q23は存在してましたよ〜。
暖かくなってきたのでまたHAKUをいじりたくなってきました。
ではでは。



  • kimai0827
  • 2010/03/01 12:14

FAQの情報をありがとうございます。
たぶんOM社が私に公開してくれているサイトが違いますね。私が参照しているマニュアルページはTRIO+HAKUを中心とした製作ページでFAQもb2faq云々というURLになっています。FAQはQ21までしか記載されておらず、Q21は両面テープの紹介でした。

PCB用の彫刻カッターをこちらに手配しましたので入手したらHAKUで切削してみようと思います。
http://kideaji.cart.fc2.com/?ca=1

  • 2010/03/02 20:33

サさん、こんにちは。

そうですか。購入した製品によって構成がちがうのですね。

>PCB用の彫刻カッターをこちらに手配しましたので入手したらHAKUで切削してみようと思います。

切削後、ぜひぜひお見せください。
ショップ情報ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • kimai0827
  • 2010/03/05 12:54
トラックバック
この記事のトラックバックURL