Digi ConnectPort X4 iDigiウェブサービスを試してみる。

 iDigiサーバは、httpプロトコルを使ってさまざまサービスを提供しています。
iDigi  Web Services Programming Guide 3章を参考にします。



1)ウェブブラウザ
2)iDigiウェブアプリケーション
3)Python
4)Java

2)iDigiウェブアプリケーション iDigiにログインし、Web Service Consoleを選択します。

マニュアル4.2.1に提供されている主なAPIが記載されています。

 

 Pathに利用したいリソース名を記入し、Sendボタンをクリックします。 するとWeb Services Responses一覧に無事登録され、"Click to examine"が表示されたら、これをクリックします。 



しばらくするとポップアップウィンドウが表示されます。これが、サーバからのレスポンス結果になります。


ExampleからDigi社が提供しているサンプルを選択できます。


実行するAPIを元にPython, Java, Ruby, Perlのコードを吐き出すことも可能です。これは、ありがたい機能です。


吐き出した結果は、こちら。 BASIC認証の処理が必要のようです。


1)ブラウザベースでのアクセス


Arduinoのようなリソースが限られているMachineでは、1)の方法を参考にし、サーバのようなリソースがリッチなMachineでは、3)、4)などスクリプト言語を選択します。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL