iDigi XIGのデータアップロード機能を試してみる。

 XIGのアップロード機能を試してみました。
詳細説明がこちらに書かれています。

1)サーバ側のphpファイルを用意。
コピペしました。
ファイル名は、xig_upload_example.phpにしました。
   1 <?php
   2         // xig_upload_example.php
   3         // this code accepts any data uploaded as a GET variable and stores it
   4         //  into a text file called dataFile.txt on the server
   5         
   6         $value = $_GET['value'];
   7         $myFile = "dataFile.txt";
   8         $fh = fopen($myFile, 'a') or die("can't open file");
   9         fwrite($fh, $value);
  10         fwrite($fh, "¥n");
  11         fclose($fh);
  12 ?>
  13 
2)サーバにphpファイルをアップロード、テキストファイルの準備
・用意したサーバにphpファイルをアップロードします。実行権限を755にします。
・Xbeeが送ってきたデータをファイルとして書き込むためにdataFile.txtを用意します。実行権限を666にします。
3)動作確認のためにブラウザから、下記のように打ち込み、実行します。
http://(サーバ名)/xig_upload_example.php?value=72

4)実行後、dataFile.txtにvalue=**が書き込まれていたら、成功です。

http://(サーバ名)/dataFile.txt

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL