トランジスタ技術2008年6月号

トランジスタ技術2008年6月号を購入した。

トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2008年 06月号 [雑誌]
トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2008年 06月号 [雑誌]
CQ出版



特集 電池のしくみと低消費電力回路&電池用電源回路の作り方

第1部 電池,マイコン回路編
第1章 安全にそして無駄無く電池を活用するために
知っておきたいトラブル対策
1 電池の構造と外装破損時の注意点 
2 単3形ニッケル水素電池の劣化を実験 
3 電池ホルダは構造と形状に注意して選択する 
4 電池ホルダのラグ端子の加熱しすぎに注意 
5 電池ホルダの電極の抵抗は50m〜200mΩもある

第2章 種類,特性,用途,基本用語をマスタしよう
知っておきたい電池の基礎の基礎
1 電池の種類 
2 電池関連用語集 
3 電池の特徴と用途


第3章 10年安定動作するセンサ回路,データ・ロガーを目指せ !
1 電池で動作する低消費電力回路設計の必須知識 
2 単3電池2本で10年動作する一酸化炭素検出器の製作 
3 単3電池2本で10年動作する温度データ・ロガーの製作 
4 単3電池1本で10年以上動作する汎用データ・ロガーの製作

第2部 電源回路編
第4章 電池動作機器に最適な電源を選び・作るために
1 電池動作機器に要求される電源IC 
2 最新LDOレギュレータの基礎知識 
3 最新DC-DCコンバータの基礎知識 
4 DC-DCコンバータの周辺部品の選定とレイアウトの注意点 
5 高効率化のための電源回路の構成方法 
6 LDOのラッシュ電流を抑えるテクニック

第5章 電池の保護,消耗時の対策,電子機器の保護まで考慮した
1 電池の特性と電池用電源回路に欠かせない保護回路 
2 出力5V/2A,入力:6〜35Vの降圧DC-DCコンバータの製作例 
3 電池電圧降下時に電池とマイコンを保護する回路 
4 入力2.1〜5.5V,出力9Vの昇圧DC-DCコンバータの製作例 
5 電池動作機器で役立つアイディア回路

第6章 省スペースで低輻射ノイズ ! コンデンサだけで正負に昇圧可能
1 チャージ・ポンプのメリットとデメリット 
2 シャットダウン機能付きRS-232-Cドライバ 
3 負電圧を組み合わせて効率を向上させた白色LEDドライバ 
4 安定出力電圧型チャージ・ポンプIC



今月の特集は、電池の種類、電源の種類の解説記事がためになりました。電池は、マンガン電池に始まりリチウム電池などの解説、構造の比較、電池を長持ちさせる方法が解説されてました。仕事で時々必要となってくる知識である電源関係は、LDOとDC−DCコンバータの違いの解説がわかりやすかった。以下、抜粋。

1)シリーズレギュレータ
内部のパワートランジスタ(FET)にて電力損失が発生するが、もっとも低ノイズ。
1−1)LDO(ロー・ドロップアウト型)
入力電圧と出力電圧の差が小さくても、出力電圧が安定化されるために電力効率の良い電源を実現できる。超小型、低消費電圧、高利プル除去、高精度など種類はさまざま。

2)DC−DCコンバータ(スイッチングレギュレータ)
インダクタに蓄えた電力エネルギーをスイッチングにより制御するため、電力損失が小さく効率が良い。しかし、スイッチングノイズが大きく、外付け部品も多い。


特集以外に面白かったのは、MID(Molded Interconnect Devices)の解説。MIDとは、成型物の表面に銅箔パターンを密着させる技術だ。実装技術も日々進化しているのに感心しきり。

ARM組み込みソフトウェア入門

ARM組み込みソフトウェア入門―記述例で学ぶ組み込み機器設計のためのシステム開発 (Design Wave Advance)
ARM組み込みソフトウェア入門―記述例で学ぶ組み込み機器設計のためのシステム開発 (Design Wave Advance)
Andrew N.Sloss

ARM系で新しい本がでました。KUROBOX/PROを購入した人は必須アイテムですね。

Linuxカーネル徹底理解

Linuxカーネル徹底理解 (日経BPパソコンベストムック)
Linuxカーネル徹底理解 (日経BPパソコンベストムック)
日経Linux

日経linuxに掲載されていた連載記事をまとめたムックのようです。
デバイスドライバの作成参考になるので買いました。
USBメモリってなんで/dev/sd*で認識されるのか知っていますか?
私は、この本を読んではじめて知りました。

軽い読み物なのかと思っていましたが、読み応えあります。

コンピュータの構成と設計 上巻購入

コンピュータの構成と設計~ハードウエアとソフトウエアのインタフェース 第3版 (上)
コンピュータの構成と設計~ハードウエアとソフトウエアのインタフェース 第3版 (上)
デイビッド・A. パターソン, ジョン・L. ヘネシー, David A. Patterson, John L. Hennessy, 成田 光彰

プロセッサの名著を買いました。暇を見つけて少しずつ読みます。

Linuxデバイスドライバ 第3版購入

Linuxデバイスドライバ 第3版
Linuxデバイスドライバ 第3版
ジョナサン コルベット, グレッグ クローハートマン, アレッサンドロ ルビーニ, Jonathan Corbet, Greg Kroah‐Hartman, Alessandro Rubini, 山崎 康宏, 長原 宏治, 山崎 邦子, 長原 陽子

第1版、第2版の書籍も持っています。
カーネル2.4と2.6のデバイスドライバの構造が異なっていますので要購入です。
カーネル2.6になってから、makeが簡単になりました。理解するのに時間がかかりましたが、、、

マイクロプロセッサ・アーキテクチャ入門購入

マイクロプロセッサ・アーキテクチャ入門―RISCプロセッサの基礎から最新プロセッサのしくみまで (TECHI)
マイクロプロセッサ・アーキテクチャ入門―RISCプロセッサの基礎から最新プロセッサのしくみまで (TECHI)
中森 章

世に出ているマイクロプロセッサのアーキテクチャをまとめた本です。